今流行りのクラウドファンディングとは何?


今流行りのクラウドファンディングとは何?

クラウドファンディングとは

 

皆さんは、クラウドファンディングという言葉をご存知でしょうか?今流行の兆しを見せているだけに、知っておいた方が良い言葉かもしれません。そこで、今回はこのクラウドファンディングについてご説明したいと思います。

 

 

クラウドファンディングは、ベンチャー企業や中小企業がインターネット上にプロジェクトを掲げるところからスタートします。そのプロジェクトに対し、不特定多数の人がインターネットを利用し、ベンチャー企業や中小企業に対して資金を出資することを指します。つまり、顔も知らない人たちが、協力し合うと言った形になりますね。

 

 

クラウドファンディングという言葉は、群衆の意味の英語“crowd”と資金調達の意味の英語“funding”を合わせた造語であるのです。非常に分かりやすい言葉だと思いませんか?

 

 

そして、クラウドファンディングには、「寄付型」「購入型」「投資型」「融資型」の4類型ございます。先述の「不特定多数が協力して資金を提供する」という基本の部分はすべてに共通しています。

 

 

しかし、「寄付型」の場合、単に資金を募るもので、“共感”以外に見返りはありません。それ以外はどうでしょうか?まず、「購入型」。プロジェクトが提供する権利や物品がリータンとなります。「投資型」は、配当とキャピタルゲインがリターンとなり、「融資型」は、利子という一定のリターンを得ることができます。

 

 

ちなみに当サイトに掲載されている業者はすべて「融資型」のクラウドファンディング業者になります。

 

 

融資型(貸付型)クラウドファンディングは初心者向け

 

初心者の方におすすめしたい、最も簡単でリスクの少ないクラウドファンディングは、4つ目の「融資型」となります。別の呼び方を「貸付型」などと呼んだりもします。

 

 

分かりやすい表現をするならば、銀行への預金のようなもの……といえばよろしいでしょうか。預金したお金は、当然返済されることが前提となります。

 

 

株式投資のように大きな儲けは期待できなくとも、ある一定の利回りは期待できると言ったところが最大のメリットでしょう。

 

 

また、投資金額も何十万〜というわけでなく、1万円から参加することができるため、金銭的負担も精神的負担も最小限に抑えることができるのです。このことから、融資型のクラウドファンディングは初心者の方が始めやすいといえます。

 

 

銀行預金と違い、元本保証がない場合が多いため、その点だけ注意しておきたいところです。また、最近ではサービスサイトによっては5%〜の好利回りを掲げているものもありますので、業者選びにも慎重になりましょう。

クラウドファンディング人気ランキング