クラウドファンディングは4タイプに分かれる。あなたはどのタイプ?


クラウドファンディングは4タイプに分かれる。あなたはどのタイプ?

クラウドファンディングの共通点

 

一口にクラウドファンディングといっても、いくつか種類があるってご存知でしょうか?大きく分けて4種類。クラウドファンディングをこれから始める人にとって、その選択はかなり重要だと思います。

 

 

クラウドファンディングとは、ベンチャー企業や中小企業に対し、不特定多数の人がインターネット経由で、資金を提供すること。これは4種類どのタイプにも共通します。

 

 

ですから、クラウドファンディングの種類分けが生じるのは、出資した後の“リターン”の部分なんです。

 

 

初心者向けの「融資型」

 

これからクラウドファンディングを始めるという人は、まず「融資型」から入るのが良いと思います。

 

 

なぜなら、このタイプは別名で「貸付型」「とも呼ばれており、投資した資金は返済されることが前提となっているからです。銀行預金と同じように、投資した資金に利子が付き、再び金銭として手元に戻ってくるという仕組みになっています。リターンが金銭ということもあり、最もリスクが少ないともいえます。ですから、精神的負担もあまりないでしょう。

 

 

もっともポピュラーな「購入型」

 

私がクラウドファンディングを知ったきっかけとなったのは、この「購入型」でした。日本では、最もポピュラーなタイプともいわれています。

 

 

「融資型」ではリターンが金銭となっていますが、「購入型」では、物を購入すると言った意味で、金銭以外がリターンになります。具体的には、プロジェクトが提供する商品や権利、サービスなどといった内容です。

 

 

一般市民は無縁?の「寄付型」

 

現在ではまだあまり浸透していないタイプが「寄付型」。このタイプは、文字通り資金を“寄付”する形になります。つまり、リターンは一切ありません。リターンがあるとするならば、“成果報告”や“共感”などといった手にとれるもの以外のものになります。

 

 

よほど何か思い入れのあるプロジェクトや金銭に余裕がある人でない限り、参加するには勇気がいりますね。

 

 

株に似ている?「投資型」

 

「投資型」は、初心者向けとして挙げた「融資型」とよく似ていますが、微妙にニュアンスが違います。「融資型」では、金銭を貸付するという意味合いが大きいため、利子として一定のリターンを得ることができます。「投資型」の場合は、配当とキャピタルゲインがリターンとなります。

 

 

つまり、「融資型」は銀行預金に近いですが、「投資型」はどちらかというと株式投資に近いと言えるでしょう。

クラウドファンディング人気ランキング