低リスクで負担も少ない!融資型クラウドファンディングの仕組みは?


低リスクで負担も少ない!融資型クラウドファンディングの仕組みは?

クラウドファンディングとは?

 

これからクラウドファンディングに参加してみたいとお考えの方、まずは今回ご紹介する“融資型”のクラウドファンディングから始めてみませんか?

 

 

以前までは“購入型”と呼ばれるタイプのものが主流とされていましたが、最近ではこの“融資型”のタイプのものが徐々に注目されてきています。

 

 

クラウドファンディングは、ベンチャー企業や中小企業に不特定多数の人が資金などを提供することをいいますが、その中でも“融資型”のタイプは、出資者にとって低リスクで負担も少ない特徴があるため、初心者の方におススメできるのです。

 

 

以前まで主流だった“購入型”タイプはといえば、出資者へ、金銭以外のものが見返りとして得られるシステムとなっています。つまり、出資したお金は戻ってこないけれど、商品やサービス、権利などを手に入れることができるということ。しかし、それらは金銭とは違い、受け取る側にとって常に一定の価値が保たれるとは限りません。

 

 

一方、融資型の場合、出資すれば返ってくるのもまた金銭。よく、銀行への預金に似ているなどともいわれています。預かったお金を企業の融資に使用する点がそっくりだからなんですね。

 

 

融資型クラウドファンディングの仕組み

 

では、“融資型”のクラウドファンディングは、具体的にどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

 

まず、ベンチャー企業や中小企業がプロジェクトを開始するための融資をインターネット上で募ります。ネット上の募集要項を見た個人投資家が融資をする……ここまではどのクラウドファンディングであっても同じです。

 

 

違いはここからです。ベンチャー企業や中小企業は、個人投資家に対し、毎月一定の金利を支払っていきます。正確には、融資を募った側からの貸付利息は、サービス運営企業の利益となりますから、その利益が個人投資家への分配になるというシステムです。

 

低リスクで負担も少ない!融資型クラウドファンディングの仕組みは?

 

銀行預金との違いは、クラウドファンディングには元本保証がないという点。しかし、投資金額は何十万〜というわけでなく、1万円からでも参加は可能。また、保証制度なども設けられており、リスクは非常に低いといわれています。

 

 

ベンチャー企業や中小企業と投資家の仲介的存在となるのが、いわゆる「クラウドファンディングサービス」になります。ですから、皆さんがクラウドファンディングに参加したいと思った時は、クラウドファンディングサービスのサイトに登録する必要があるわけですね。

クラウドファンディング人気ランキング