クラウドファンディングのメリット・デメリット!今後の問題点は?


クラウドファンディングのメリット・デメリット!今後の問題点は?

クラウドファンディングのメリット・デメリットを解説!今後の問題点は?

 

クラウドファンディングに興味のある皆さん。

 

 

クラウドファンディングにはメリットもあれば、デメリットもあります。クラウドファンディングを始める前に、欠点をしっておくというのは非常に大切なことです。

 

 

今回は、「融資型」クラウドファンディングにおけるメリット・デメリット、また、今後の問題点も併せてご紹介したいと思います。

 

 

クラウドファンディングのメリット

 

融資型のクラウドファンディングは、よく“銀行”にたとえられています。それはなぜだかお分かりですか?

 

 

まず、一つに、前提として「返済」されることが条件となっていること。これは、お金をあげるのではなく貸す、という意味合いが強く、出資する側としては精神的にも楽だと思います。

 

 

そして二つめ。融資を募った側からの貸付利息はクラウドファンディングサービスを運営する企業の利益となりますから、その利益が個人投資家へ分配されます。また、株投資であれば売却する必要がありますし、いくらで売れるといった保証もありません。

 

 

それに比べてクラウドファンディングは、出資するだけでOK、しかも経済情勢から受ける影響はほとんどありません。金利として定期的に金銭を受け取ることができるため、クラウドファンディングは非常に安定した投資だといえるのです。

 

 

クラウドファンディングのデメリット

 

逆に、デメリットはなんでしょうか?

 

 

まず一つに、クラウドファンディングには元本保証がないということ。ここが銀行預金との違いでもありますね。しかし、万が一出資先が倒産してしまった時のために、担保や保証の設定をすることが可能です。

 

 

また、融資を募った企業の経営悪化、サービスの運営企業が倒産するリスクなども挙げられます。しかし、投資金額は何十万〜というわけでなく、1万円からでも参加はできますので、リスクは非常に少ないでしょう。

 

 

二つ目に、初めに謳ってある利回りが値上がりする期待があまりできないということ。株であれば売却価格が不定のため、値上がりの可能性もあります。クラウドファンディングではそれができないということです。

 

 

今後の問題点もいくつかございます。まずはクラウドファンディングに関する認知度を上げること。流行だけに乗り知識のない出資者が増えてしまうと、デメリットの部分を理解しないままに多額の融資をしてしまい、大きな損失につながる恐れがあります。

 

 

また、悪意を持って融資を募る企業も存在します。詐欺や返金トラブルなどに発展するケースも少なくありません。サービスの運営企業が企業を見極める目を養うということも、今後の問題点となるでしょう。

 

 

ちなみに当サイトに掲載されているクラウドファンディング業者は詐欺やトラブルなどがない安心できる業者を掲載していますので、業者選びの参考にしていただければ幸いです。

クラウドファンディング人気ランキング